海に行きたい

NEWSのこととか旅行のこととか

南の島で浮かれた年末を過ごした話②

遅くなってしまいましたが、前回の記事の続きをば。

《3日目》
8時くらいに起床。この日は両親がゴルフに行くとのことなので私と弟はその間自由行動。
ここまで暴飲暴食(深夜の機内食、島でのバーベキュービュッフェ、ステーキにロブスター)が続いているので、朝食はお腹に優しいものがいいな…と膨れたお腹を撫でながらぼんやり考える。…なんかおなかすごいことになってる。膨らんでる。すごく膨らんでる。…これはあかん
ゴルフに向かう両親を見送ってから、ほぼパジャマかつすっぴんでガラパンの街へ出向く。

小腹がすいたときに使えるのがABCマート。コンビニみたいな感じで、飲食物やお土産、薬や洋服などなんでも揃ってる。いかがわしいお薬もしっかり揃ってて思わずガン見しちゃった。だって普通の薬品コーナーにしれっとあるからね。なんとなーく棚見てたらすごい大人向けなパッケージあって二度見しちゃったよまったく。

このABCストア、ハワイとかグアムにもある。本店がハワイなんだそうで。ここに来ると(あー外国来たなー)と実感する。
冷房がガンガンに効いた店内で食料品コーナーに直行。チェリーのヨーグルトとバナナチップスを持ってレジへ。外に出ると途端に蒸し暑い空気に囲まれる。温度差半端ない。基本的にサイパンの建物内はクーラーMAXでつけてるので本当に寒い。調子のって半袖短パンしか持ってこなかった私、アウト。

これまた冷房のがんがん効いた部屋に戻ってゆっくりカートゥーンネットワーク(ずっとティーンタイタンズやってた)とかディズニーチャンネル(ずっとミッキーマウスクラブハウスやってた)とか見ながらヨーグルトを食べる。yoplaitってとこのヨーグルト。うまい。

f:id:a24km185:20160109171358j:plain

水着に着替えて、バナナチップスと3DS(モンハンX)、本(白い巨塔)をお供にホテルのプールへ。たまに太陽が雲の間に隠れたりするものの、しっかり暖かい。さすが南国。まさか12月末に屋外のプールで泳いだり水着だけで日光浴できるとは思わなかった。

f:id:a24km185:20160109171452j:plain

気が済むまで泳いだら水着のままパラソルの下でゆっくり読書するひととき(読んでる内容はどろどろした医学部教授選やら女と男の愛憎やらという全く場所に似つかわしくないものだったけど)、心の底から幸せだった。

思う存分泳いでぼりぼりバナナチップス齧りながら日光浴してのんびり読書してモンハンやって特産キノコ採集しまくった後、両親が帰ってきてランニングにいっていた弟も合流して昼食。ホテルの中に入っていたカフェでチキンケサディーヤをいただく。

f:id:a24km185:20160109172241j:plain

Q.ケサディーヤってなーんだ
A.メキシコ料理のファーストフード。主な材料はチーズで、トウモロコシ、小麦、または穀粒のトルティーヤに包む。
だそうです。ウィキペディア先生、ありがとう!!
もちもちの生地に挟まれたトロトロのチーズ、あつあつのチキン。美味であった。

その後てくてく歩いてDFSギャラリアへ。目当ては、そう
お財布。
数年間愛用していた財布がぼろぼろになってきたので、父親におねだりしていたのだ。親のすねをかじる大学生。罪悪感とわくわくでドキをムネムネさせつつ到着。

やっぱここも冷房がんがんかよ!!さっむ!!

足を踏み入れた瞬間高級品の匂いにつつまれる(庶民)。わあーブランド品がたくさんや~。数十分ぶらぶらして悩みに悩んだ末、Marc by Marc Jacobsにした。なんかあれでしょ?統一されちゃうんでしょ?マークジェイコブスに。よく知らんけど。

DFSギャラリアで一番印象深かったのは、お土産コーナーのサイパンだ。サイパンだ、で一つの単語です。サイパンのキャラクターです。

f:id:a24km185:20160109174039j:plain

なんかいる。
遠くから見てもこの迫力。
近づいてみる。

f:id:a24km185:20160109174150j:plain

攻撃力高そう。可愛いキャラのはずなのになぜか凄まじい威圧感を放ってくる。ジャングルとかでこいつと遭遇したら迷わず逃げる。死を覚悟する。

帰る途中、日本語がうまいお姉ちゃんたちにマッサージの勧誘されたり、可愛い石鹸のお店に立ち寄ったり、レストランの飼い猫と戯れたり、そのレストランのお姉さんにたくさんの子猫を見せてもらって癒されたり。

夕食はDFSギャラリアの近くにあるにんにくやグロットというお店。日本人のお客さんが沢山いました。安心感。
目玉はこちら、ガーリックステーキ!!どーん!!

f:id:a24km185:20160129094201j:plain

お肉は前日のモビーディックの方が柔らかかったけど、ガーリックがきいててとても美味しかった。
あと、美味しかったのは空芯菜(漢字分からない)。これ!これや!なんと日本人の舌に合う味付け!!あっという間にぺろっとたいらげた。
にんにく大好きな人(例:私)にとっては至福のレストランだと思う。

お腹も心も満足感に満たされほくほくしつつ帰って、夜食タイム。
地元のスーパーで買ったオレオをつまみに、ちびちび飲むはBUDLIGHTのMANG-o-RITA。トロピカルな甘さ。女子向け。ジュースみたいでとても美味なお酒でした。

f:id:a24km185:20160129094508j:plain

では今回もここまで。